4月のカレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
kaiserさんの公開日記
05月31日
23:38
とりあえずレイジングハートはこれまでとしてキャラクターを塗っていこう
色分けが楽なためコミスタでの作業を行う

塗りつぶしレイヤーを使ってキャラクターの抜き色を行う

別ウィンドウで開く(原寸)
コミスタの新しいバージョンでは領域の拡張ができるためそれを0.10mmにしてクイックマスクで周りを塗りつぶしそれを反転する

別ウィンドウで開く(原寸)
それをぬりつぶす

別ウィンドウで開く(原寸)
領域の拡張を行うことで塗りつぶされた領域が線画の中心よりになっているのがわかる
またそれぞれペンダント、レイジングハート、顔、髪に分ける


ペンダントの塗りつぶし

別ウィンドウで開く(原寸)
各パーツを色分けを行う

別ウィンドウで開く(原寸)
またこちらのペンダントもMAYAにてモデリングしている
基本はプリミティブオブジェクトの球体とポリゴンにて作成している
簡単なパーツは3Dで作ることにより作画と色分け、クリンナップをできるだけ省くことで作画の時間を短縮する

別ウィンドウで開く(原寸)
さて、だいたいの色分けが終わった

別ウィンドウで開く(原寸)
色分けは髪の毛の影部分と肌の影部分を分けている
またこれに対してもう一段階目の影をつけていく
(とおもっていたら真ん中の部分をぬりのこしていたので塗り残しを塗りつぶす)
次に服の影部分を塗っていく

別ウィンドウで開く(原寸)
彩度明度を調整していき影になる部分をグラデーション、またブラシを使って色を塗っていく。
また、ハイライト色の調整を行う

別ウィンドウで開く(原寸)
次に腕のメカメカしいやつに光沢をつけてそれっぽく見せていく
硬質な材質は反射率が高い為ハイライトを強めにつけていく
グラデーションを作成しそれを除算と焼き込みでグループ化したレイヤーに重ねていく
まずグラデーションエディタでグラデーションをつくっていく

別ウィンドウで開く(原寸)
まずは除算用のグラデーションを塗りつぶす

別ウィンドウで開く(原寸)
ここに多い焼きのハイライトを直線で引いていく
堅い感じの表現をつけていく

別ウィンドウで開く(原寸)
次に黄色の部分をグラデーションで塗っていく

別ウィンドウで開く(原寸)
ここに反射光を入れていく

別ウィンドウで開く(原寸)
次に赤い宝石を作成する
新規に1500X1500ピクセルの新規画像を作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
新規作成した画像に楕円形を作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
と思ったらいきなりフォトショをぶっ壊れやがったorz
またここからやり直しである

別ウィンドウで開く(原寸)
かなりくじけそうになる
まあよくあることなので気を取り直して宝石をつくっていく
まずシェイプレイヤーを作成しツールオプションで作成していく

別ウィンドウで開く(原寸)
レイヤーを複製していく
そこにレイヤースタイルを適応していく

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
こんな感じにする

別ウィンドウで開く(原寸)
これにハイライトを入れていく

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
それぞれの場所へ貼り付ける

別ウィンドウで開く(原寸)
そして腕の部分も再線画する
結構めんどい
と、思ったらちょっとだけ残ってた、たすかったorz

別ウィンドウで開く(原寸)
またこれに同じように
フィルタ→テクスチャ→テクスチャライザを適応

別ウィンドウで開く(原寸)
次に黒い部分のテクスチャを作成する
イメージが皮っぽいので革製のテクスチャっぽくする
まず1500X1500ピクセルのサイズの画像を用意し
フィルター→テクスチャ→テクスチャライザを適応(麻布)
次にフィルタ→変形→海の波紋を適応する

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
多い焼きでテクスチャを適応させブラシでハイライトを入れていく



別ウィンドウで開く(原寸)
ブラシでテクスチャをなじませる

別ウィンドウで開く(原寸)
次に目を作成していく


別ウィンドウで開く(原寸)
最初は白目部分を作成していく

別ウィンドウで開く(原寸)
瞳部分を作成

別ウィンドウで開く(原寸)
グラデーションツールとシェイプを使い瞳を描込んでいく

別ウィンドウで開く(原寸)
瞳の光沢を追加

別ウィンドウで開く(原寸)
色の調整を行う

別ウィンドウで開く(原寸)
全体をみてみる
ちょっと微妙に気に入らないのでもう一度描きなおしてみる
そもそもいまいちかわいくないので目元と顔が気に入らない

別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっと顔を修正してみる、というか瞳の修正をやってみる
瞳はある程度綺麗な感じにしたい
まずはイメージをかんがえグラデーションレイヤーオーバーレイをかけ効果をかけてみる


別ウィンドウで開く(原寸)
レイヤー→レイヤースタイル→グラデーションオーバーレイをかける
スタイルは角度にしてレイヤースタイルをグラデーションにする
そのレイヤーをラスタライズしブラシにて焼き込みをおこなう
また、パターンオーバーレイを使って雲模様を多い焼きを行い瞳の基本部分を作成する



別ウィンドウで開く(原寸)
ここに黒目を重ねる
黒目は光彩を使って内側を黒くし円形の周りを黒くする



別ウィンドウで開く(原寸)
これにグラデーションレイヤーを重ね瞳のベースを作成する
黒目虞軍を多くし色合いを整える
(グラデーションをかける際上から下にかかるよう何度か黒をつかってグラデーションをかける




別ウィンドウで開く(原寸)
これにハイライトをつける
ハイライトはブラシをつかって白でぶらしでぬる

別ウィンドウで開く(原寸)
またこれに眼球の円形を表現するためシェイプレイヤーをグループ化しハイライトの上側を重ねる

イメージとしてはこんな感じにする
ここからもう少し修正を行う
顔の全体を見てみる


別ウィンドウで開く(原寸)

やはりいまいちなので瞳の部分を描きなおす
もう一個のイメージも描く


別ウィンドウで開く(原寸)
目の部分の不透明度を変え描きなおす

別ウィンドウで開く(原寸)
目の形を変え手描きにて描き加える

別ウィンドウで開く(原寸)
眉毛部分もパスにて作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
作成したグラデーションオーバーレイを使う
別ウィンドウで開く(原寸)
瞳のもとの模様を作成する
新規作成で長方形の塗りつぶしを作成する


別ウィンドウで開く(原寸)
ここからフィルター→ブラシストローク→ストロー(スプレー)を行う
別ウィンドウで開く(原寸)
これを編集、→変形拡大を行いフィルター→ぼかし(移動)をおこなう


別ウィンドウで開く(原寸)
次にフィルタ→変形→極座標を円形にする

別ウィンドウで開く(原寸)
レイヤーー新規調整レイヤー→グラデーションマップを選び瞳用の色合いを選ぶ

別ウィンドウで開く(原寸)
これを瞳に重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
黒目を重ね合わせグラデーションを重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)
ハイライトを入れ調整を行う

別ウィンドウで開く(原寸)
いかんせんもうちょっと瞳を綺麗にしたい
瞳の部分の追加部分を作成する
別ウィンドウで開く(原寸)
シェイプレイヤーを使いもう非とるの色合いを作成する


別ウィンドウで開く(原寸)
レイヤーの比較(暗)を使って作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
光源を追加する

別ウィンドウで開く(原寸)
ハイライトの追加

別ウィンドウで開く(原寸)
こんな感じで
別ウィンドウで開く(原寸)
基本的にある程度拡大させないと綺麗にグラデーションがでないのだがとりあえずこだわりといううことで


別ウィンドウで開く(原寸)
とりあえずこれで
つぎにペンダント部分を塗っていく

別ウィンドウで開く(原寸)
まず丸い部分を作成する
重ね合わせをおこなう
別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
シェイプレイヤーを作成しレイヤー効果を加える


別ウィンドウで開く(原寸)
もうひとつの円を作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
ぼかし→ガウスをかける

別ウィンドウで開く(原寸)
そのままイメージ→色調補正→階調の反転

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
レイヤー→新規調整レイヤー→グラデーションマップを選択

別ウィンドウで開く(原寸)
これに光源フィルタを適応する
黒で塗りつぶす

別ウィンドウで開く(原寸)
フィルタ→描画→逆行

別ウィンドウで開く(原寸)
グラデーションマップを適応する

別ウィンドウで開く(原寸)
レイヤーをスクリーンに変更し重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)
重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)
重ね合わせの位置を調整する

別ウィンドウで開く(原寸)
次に金色の部分を作成する
新規に雲模様を作成し

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
これにジグザグフィルタを適応する

別ウィンドウで開く(原寸)
これをやく30回繰り返す

別ウィンドウで開く(原寸)
フィルター→変形→極座標を適応する

別ウィンドウで開く(原寸)
これにグラデーションマップを適応する

別ウィンドウで開く(原寸)
これをテクスチャとして重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっっと微妙だった
もいっかい調整

別ウィンドウで開く(原寸)
適応後

別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっと微妙だ
ちょっと調整してみる

別ウィンドウで開く(原寸)
同じようにレイジングハートにも適応してみる
レイジングハートに適応する場合はフィルター変形→極座標をおこない円形と直線にてそれぞれわける
別ウィンドウで開く(原寸)
適応後
いまいちだった
もうすこし暗い部分と明るい光源をはっきりさせた方が金属っぽくなると思う
とりあえずほっといてつぎにすすむ(ぉぃ

別ウィンドウで開く(原寸)
次に取っ手も部分を適応させる

別ウィンドウで開く(原寸)
グラデーションを変更し引き延ばし取っ手に適応させる

別ウィンドウで開く(原寸)
適応後
別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっと青い部分が微妙なのであとで修正しよう
腕の部分のテクスチャを作成する


別ウィンドウで開く(原寸)
パターンオーバーレイを除算で重ね合わせる

別ウィンドウで開く(原寸)
腕の攻殻さをだす

別ウィンドウで開く(原寸)
次に各落とし影をつけていく
顔の髪の落とし影を作る
髪の毛の結合を行い黒で塗りつぶし不透明度を変え位置をずらす
結合後

別ウィンドウで開く(原寸)
これを肌部分に重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)
消しゴムで入らない部分を消していく

別ウィンドウで開く(原寸)
これに一段目の肌の影を重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)
服の部分を作成する

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
不透明度を変えグループにあわせる
同様にスカート部分も作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
色合いを整える

また腰の部分を重ねる

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっと魔方陣を重ねてみる

別ウィンドウで開く(原寸)
ここにフィルタぼかしをつけてみる

別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっと炎とかつけてみる

別ウィンドウで開く(原寸)

もえちまった
お遊びはまあいいとして
靴の部分も先ほど作ったものをコピペする

別ウィンドウで開く(原寸)
次に回りの禁にとの部分を作成
パスを自由変形させベベルとエンボスをかける

別ウィンドウで開く(原寸)
さらに輪郭を設定する

別ウィンドウで開く(原寸)
これを重ね合わせる

別ウィンドウで開く(原寸)

別ウィンドウで開く(原寸)
ちょっと線画がはみでているので消しゴムで
修正する

別ウィンドウで開く(原寸)
体の影のグラデーションをつけていく
影その2

別ウィンドウで開く(原寸)
影をつける

別ウィンドウで開く(原寸)
影付けその2
ハイライトと影付けを行い背景を入れてみる

別ウィンドウで開く(原寸)
全体を見てみる

別ウィンドウで開く(原寸)
背景を作成する

別ウィンドウで開く(原寸)
背景を部分にコンクリートを作成する
また新しい画像を用意しフィルタ→雲模様1を作成

別ウィンドウで開く(原寸)
フィルタ→テクスチャ→クラッキングを適応する

別ウィンドウで開く(原寸)
新規レイヤーを作成し雲模様1を重ねレイヤーパレットをハードライトにする
重ね合わせる

別ウィンドウで開く(原寸)
夜景をイメージするためネオンを付け加える

別ウィンドウで開く(原寸)
さて、背景を描込む
いかんせん背景がめんどくさい
足下の部分を入れていく

別ウィンドウで開く(原寸)
角側のグラデーションをかける

別ウィンドウで開く(原寸)
背景をパスに変える
イラストレーターを起動しそれぞれのビルをパスにしたままフォトショップに取り込む

別ウィンドウで開く(原寸)
位置を調整
別ウィンドウで開く(原寸)
なんか一個一個塗りつぶしていくのがめんどくさくなった
3Dで色合わせをおこなっていく
ビル色分けをおこなう


別ウィンドウで開く(原寸)
ビル線画

そして色分け
別ウィンドウで開く(原寸)
それぞれの色分けを行い各ビル毎に位置あわせを行う

別ウィンドウで開く(原寸)
全体の色分けが終わったらグラデーションと窓のライトを入れる
ビルの位置を変えて並び替える
イメージとしては夜のビル街ということで暗めの感じにしみてる

別ウィンドウで開く(原寸)
色合いについてはネオンが下から上に光がともされるためグラデーションを下からかけている。
これに各ビルの光を加える

別ウィンドウで開く(原寸)
後ろの色を加えキャラクターとの位置あわせを行う


別ウィンドウで開く(原寸)
ここで、ちょっと失敗したのだが足下のテクスチャーがキャラクターとのカラーに合っていない。
キャラクターのカラーバランスがアニメ的な塗りをおこなっているため背景のビル群もアニメ的な塗り方をしたためバランスが悪くなってしまっている
ここで、ちょっと失敗したのだが足下のテクスチャーがキャラクターとのカラーに合っていない。
しょうがないので画像のエフェクトと効果を入れごまかすことにする
(おい
しかも下からの光がいまいち表現されていなかったという間抜けな話

別ウィンドウで開く(原寸)
魔方陣を追加してみる
なのはの魔方陣はピンク色なのでこの魔方陣にエフェクトをかけ光っている用にみせかける。

ちょっとほかにもいろいろ試してみる
光らせてみる

別ウィンドウで開く(原寸)
微妙
別方向で光らせてみる
別ウィンドウで開く(原寸)
これも微妙


で、もう一回なのはDVDをみてみるとなんか魔法使ってるとき羽がちらばってるのでそれをいれてみる
それと背景をぼかしてネオンの光を追加してみる

別ウィンドウで開く(原寸)

こんなところで
あんまり書き続けるのもめんどいので
ちょっと反省点として
1.レイジングハートでの光沢をもうちょっと光の大きさと陰影、写り込みの色の差を大きくするべきだった
2.ビル群での色合いがちょっと派手すぎた。もう少し彩度をおとすべき
3.構図的にもうすこし俯瞰気味にしたほうがよかったかも
4.服のセーラー部分の大きさが違った(汗
5.実はなのはは左利きだった!

まあ、いろいろ反省点がおおいが今回はこのへんで。
(まあ直せというう話ではあるが

さて余談だが今回のキャラ系でのパースだが
ぶっちゃけ嘘パースである

キャラクターを前面に出す場合ちゃんとした透視図法はつかわない。
今回のキャラの位置で2点透視図法を使うばあい俯瞰的にこんなかんじになる(微妙に1点透視だが)
別ウィンドウで開く(原寸)

あと良くイラストで見かける1点透視での絵を良く見かけるが
たとえばこんな感じの
別ウィンドウで開く(原寸)

画面に消失点が見えるような絵がよくあるが
これはだめな絵である

もう一つ
キャラクターの俯瞰でパースのついた絵があるが
別ウィンドウで開く(原寸)
こんな感じで角度のついた絵は
ぶっちゃけだめな絵である。

まず一番最初のパースのついたビル群はキャラクターに合わせた場合
まず間違いなくキャラが背景に負ける
背景をかぶせる場合消失点を感じさせないようにキャラクターをおかないと絵のインパクトが消失点にあつまってしまうからである
なら消失点にかぶせないようにパースをかけないとおかしくなっていく
別ウィンドウで開く(原寸)


なにせ細かいディティールを描くことでビル群にのまれて背景をみせたいのかキャラを見せたいのかがよくわからなくなるしそもそもカメラの位置がちかすぎる
どういうことかというとカメラが近すぎるため画角が広いので単に奥行きが強調されるだけである
だったら普通に望遠レンズでとったようにしたほうがキャラがめだつ

2番目のやつもはっきり消失点がきつすぎてキャラクターよりも背景がインパクトありすぎてキャラクターが負けている

別に1点透視が悪い訳じゃなくて画角がきついために見せる部分がおかしくなっている
三番目でのパースの付け方で見せる場合にはキャラクター視点で近くにいる場合にその視点でみせている時に有効である
たとえばフェラして(ry

はなしが脱線してしまった
エロ系での角度を伴ったシチュエーション的にはいいのだが一枚絵としてみせるばあには逆にパースをつけず奥行きを圧縮した方が見ていて違和感がでない

で、話を戻そう
今回は足の位置をみてもらえばわかるがパース的に後ろのビル群と足下の位置がおかしい
しかし一枚絵を見せた場合映える位置を見せた方がぶっちゃけ見せたいものが全面的にわかりやすいのでパースそのものをいちいち意識して描いたりしないで奥行きを圧縮したり
画角を狭めた方がいい

たとえば列車や駅でなんかでは
別ウィンドウで開く(原寸)
のように完全に消失点がはっきりしてしまうばあい広角レンズ的に
別ウィンドウで開く(原寸)
と奥行きを圧縮したほうがいい
同様に消失点はおなじだが奥行の広がりを感じさせないほうがいい
別ウィンドウで開く(原寸)

だがしかしどうでもいいはなしであった
なぜならだれもそんなところまでみてねえ
といううのが実情である
公開日記トップへ